子どもに料理を教えるタイミングと手順

子ども向け料理番組を見て、小学生だった私は料理に興味を持ち始めました。
それからは、暇さえあれば母に料理をさせて欲しいと頼んで作っていました。
でも、大人になった今は、料理があまり好きではありません。
そんな私の息子は、料理好きなようです。
食材を買いに行き、料理を作り、私たちに振舞って、後片付けまでしてくれます。
おままごとの中での話しですけどね。
息子には料理ができる男になって欲しいと思い、一緒に料理をしようと考えていた所、子どもに料理を教えるメリットや包丁の注意点についてまとめた新聞記事を目にしました。

【子どもに教えるメリット】
子どもが興味を持った時が、料理を教えるチャンスだと言います。
息子のように、おままごとから興味を持つ子も少なくないようで、食育にもつながるのでおすすめなのだとか。
また、子どもと一緒に料理をすることは、親子のよいコミュニケーションになります。

【包丁選び】
各社から、子ども用の包丁が発売されています。
年齢に応じたものを選ぶと、怪我をしにくいので安心です。
三歳以下なら刃がついていない、柔らかいものだけが切れる丸刃包丁を使わせます。
幼児には、手が切れにくいように、刃がギザギザになっているギザ刃包丁がおすすめです。
小学生あたりからは、刃のついた包丁を使わせてみましょう。
年齢に応じて包丁を買い換えていくことが安全です。
子どもにとっても、新しい包丁はステップアップした気がしてうれしいでしょうね。

【教えておくこと】
料理を始める前に、包丁が危険なものであることを伝えておきましょう。
使わない時は、きちんと定位置に戻しておくことを約束として決めます。
また、包丁で指を切らないように、食材を抑える手の指を内側に曲げて、猫の手の形を作る事を教えてあげましょう。

【やってみよう】
まな板の下にぬれ布巾を敷いて、まな板を固定します。
子どものおへそ下の高さで作業させるのがベストの高さです。
実際に切らせるなら、手始めにきゅうりがよいでしょう。
包丁を下ろしたらさっと切れる食材が、始めはやりやすいそうです。

子どもの動作は、大人から見るとゆっくりです。
危ないと思うこともあるかもしれませんが、大人は見守る姿勢が大切です。
時間のある時に、褒めながら料理を進めるのが成功の秘訣ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です